君と一緒に便利な生活をするブログ:05月25日

13-09

昭和三十八年に我が家にテレビがやってきた。
その時、ボクは小学一年生だった。

まだ番組がない時は
画面に大きな円形のマークが入っていた。
勿論、白黒である。

わずかなお子様番組がある時は、
外で遊んでいてもダッシュで走って帰っていた。

母親は農家の仕事でいつも外に出ていたので、
オレの記憶の中では、
いつも祖母と二人でテレビを見ていた。

特に、長い休みの間は
オレは祖母と二人で時間を共有して、
テレビの前にいることが多かった。

小学二年生の夏休みの事…

ふと気がつくと、祖母が
番組の歌や配役の名前などの、
ひらがなやカタカナを、声に出して読んでいるのがわかった。

それも、すらすらとは読めない。
特にカタカナはとてもぎこちなかった。

漢字もとても簡単で、
小学二年生のおれが知っている漢字の読み方を、
時々ミーに聞いては、声に出していた。
文字がわからなくなると僕に聞いた。

ある日、わたくしはしつこく聞かれ、教えてあげたが、
その時、心の中で「何で、僕に聞くの?」と思った。

そして、その時、
多分うっとおしいような顔をしていたのだと思う。

祖母は、わしに気の毒そうに小さな声でつぶやくように、
「あたしは、子守り奉公に行ってたからなあ~」と言った。

祖母が家の事情で、ほとんど小学校にも行けず、
子守り奉公に行っていた事を母が話してくれた。

ボクはまだお子さんだったが、
小学校へ行くことが当り前だと思っていたのに、
そうではなかったことに衝撃を感じたことを今でも覚えている。

僕はその時八歳で、祖母は七十七歳だったので、
祖母の子供時代は遥かに遠い昔のように思えたが、
小学校へ行ける自分が、
とても幸せだと感じたことも忘れることができない。

IRIEの情報
http://kirei-ni-naru.net/irie-%EF%BD%9Ebust-up-lifter%EF%BD%9Eregalo-mall/

アゲール、今すぐアクセス
http://beautyitem.tokyo/%E4%BA%BA%E6%B0%971%E4%BD%8D%EF%BC%81gelu-%E3%80%9Cpremium-night-bra%E3%80%9C%E3%83%90%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%96%E3%83%A9regalo-mall/

検索